川柳さろん 洋子の部屋Ⅱ

2020-09-09 (Wed)

重陽の日

重陽の日

 台風10号は九州・沖縄地方に大きな爪跡をのこし朝鮮方面へ北上して行った。台風一過 秋の青空という訳には行かず、まだ蒸し暑い日が続いている。 今日は九月九日 重陽の日。陽の数である九が重なる五節の一つ。陰暦九月九日で、古来から中国でも日本でも、いろいろ行楽の行事が行われた。 奈良時代から日本では宮中で観菊の宴が行われていたと云う。「重陽の日」と言う言葉も今では殆んど使われなくなったようだが、一昔前...

… 続きを読む

 台風10号は九州・沖縄地方に大きな爪跡をのこし朝鮮方面へ北上して行った。
台風一過 秋の青空という訳には行かず、まだ蒸し暑い日が続いている。
 今日は九月九日 重陽の日。陽の数である九が重なる五節の一つ。陰暦九月九日で、古来から中国でも日本でも、いろいろ行楽の行事が行われた。

 奈良時代から日本では宮中で観菊の宴が行われていたと云う。
「重陽の日」と言う言葉も今では殆んど使われなくなったようだが、一昔前までは「重陽の節句」と言って観菊の会なども各地であったと聞いている。
 菊を愛でたり、虫の声を聴く風情は、日本人としてやはり失いたくないものと思っている。あるテレビ局の料理番組みで、重陽の日の料理として菊の花と胡瓜の膾のレシピを取り上げていた。食用菊の黄色と胡瓜の緑が鮮やかで涼しげであった。

 小さな秋を知らせてくれる蟋蟀の声もこのところ都会ではあまり聞かれなくなった。赤トンボも何時の頃からか見かけていない。蜩の声も耳にしない。
 九月も半ばになっても秋の気配の感じられない都会の片隅で、熱中症とコロナの感染に追いかけられている毎日である。少しでも涼しい秋の訪れを待ちわびている今日このごろである。
2020-09-01 (Tue)

お芋 流れていっこった

お芋 流れていっこった

今日は九月一日 防災の日。昔は 二百十日 二百二十日 と言って 台風の来る予言のように近辺の気候に注意を払ったものであるけれど、今は一環して防災の日ということになった。  その昔、私が疎開児童であった昭和19年九月、疎開先の田舎で暴風雨に出会った。稲刈りも近い稲穂が水に流された。まるまる太ったサツマイモがみんな被害に逢った。大阪から駆けつけた父や母に、私は一生懸命その様子を訴えた・「お芋 流れてい...

… 続きを読む

今日は九月一日 防災の日。
昔は 二百十日 二百二十日 と言って 台風の来る予言のように
近辺の気候に注意を払ったものであるけれど、今は一環して防災の日
ということになった。
 
 その昔、私が疎開児童であった昭和19年九月、疎開先の田舎で暴風雨に出会った。
稲刈りも近い稲穂が水に流された。まるまる太ったサツマイモがみんな被害に逢った。
大阪から駆けつけた父や母に、私は一生懸命その様子を訴えた・
「お芋 流れていっこった」
まだ田舎に来てひと月もたたない頃だった。父や母はニコニコとその様子を聞いてくれた。
どうしてニコニコしていたのか、後で解かった。わたしの話し言葉がすっかり田舎の方言に
なっていたからだ。
 その時 水浸しになったサツマイモは、乾かして蒸しても焼いても 食べられたものでは
なかった。マズイ不味いサツマイモを大阪に持ち帰って大事にだいじに食べた。食料難で
あった。
 「お芋 流れていっこった」の方言は すぐに田舎言葉に慣れてしまった末っ子・私の
在り様を、家族一同が可愛くおもったらしく、以後何度も語り草になってしまった。
大雨暴風のニュースを聞く度に、「お芋流れていっこった」を思い出す。
2020-08-28 (Fri)

感染症 熱中症 認知症

感染症 熱中症 認知症

 この夏、世界中を襲ったコロナウィルス感染症は一向に治まる気配もなく,異常な高温の夏が続いている。九月の声を聞いても、熱帯夜はあいも変わらず、息苦しい毎日である。ことに高齢者にとっては熱中症が心配される。 コロナが気掛かりで外出も控えるので、人との交わりも少ない。感動や記憶も曖昧になってきたりする。こんな状態が続くと、所謂 認知症が心配になってくる。高齢者にとっては厄介な時節である。「熱中症には水...

… 続きを読む

 この夏、世界中を襲ったコロナウィルス感染症は一向に治まる気配もなく,異常な高温の夏が続いている。
九月の声を聞いても、熱帯夜はあいも変わらず、息苦しい毎日である。ことに高齢者にとっては熱中症が
心配される。

コロナが気掛かりで外出も控えるので、人との交わりも少ない。感動や記憶も曖昧になってきたりする。
こんな状態が続くと、所謂 認知症が心配になってくる。高齢者にとっては厄介な時節である。

「熱中症には水分と塩分を」と盛んに云われるが、血圧も気にしなければならない。嫌いなクーラーも一日中
かけている。早く虫の声が聞きたいなぁ 句会に参加したいなぁ と思うことしきりである。

 おまけに大病をして療養中の私は、ひとりヤキモキしながら頑張っている。早く通常に戻りたい。

2020-08-02 (Sun)

6日9日15日

6日9日15日

 ようやく梅雨明け宣言がなされて、例年どおりの厳しい夏がおしよせた。「八月は6日9日15日」と言う作品のことはよく耳にする。 ネットで調べると同じような句が、俳句にも川柳にも数え切れないほど創られているらしい。私は 昭和10年8月11日うまれで、広島・長崎の原爆も終戦の日も、少女時代にしっかり体験している。 八月が来る度に心を傷めてはいるが、あの悲惨な戦後の体験を語り継ぐことは出来ていない。今の贅...

… 続きを読む


 ようやく梅雨明け宣言がなされて、例年どおりの厳しい夏がおしよせた。
「八月は6日9日15日」と言う作品のことはよく耳にする。
 ネットで調べると同じような句が、俳句にも川柳にも数え切れないほど
創られているらしい。私は 昭和10年8月11日うまれで、広島・長崎の原爆
も終戦の日も、少女時代にしっかり体験している。
 八月が来る度に心を傷めてはいるが、あの悲惨な戦後の体験を語り
継ぐことは出来ていない。今の贅沢な子供たちには到底理解して貰え
そうに無いことだけは確かである。だからこそ余計に話しておかねば
ならないと強くおもっている。子供時代に戦争を体験した私も、この八月
11日で 85才になる。まだまだ戦争の火種はたっぷりある。平和憲法
を改悪する意見もいよいよ頭をもたげて来た。
 6日も9日も15日も風化させてはいけない。しっかり平和の意味を
今の子供たちに伝えねばならないと思っている。
2020-07-30 (Thu)

結婚指輪

結婚指輪

 梅雨明け宣言も無いまま、暦は八月に入ってしまった。猛暑に加えてこの蒸し暑さ。その上マスクをしているからかなわない。 辛いからと言って一日家に篭っているのは体に良くないと、ヘルパーさんが外歩きの介添えに来てくださる。それもそうだと元気を出して出歩くことにした。歩行器を利用しての歩きもなかなか訓練の要る仕事。買い物も済ませ、家に帰りつくと、まずはコップ一杯の水を飲み干す。やれやれである。 しばらく休...

… 続きを読む

 梅雨明け宣言も無いまま、暦は八月に入ってしまった。猛暑に加えてこの蒸し暑さ。その上マスクをしているからかなわない。
 辛いからと言って一日家に篭っているのは体に良くないと、ヘルパーさんが外歩きの介添えに来てくださる。
それもそうだと元気を出して出歩くことにした。歩行器を利用しての歩きもなかなか訓練の要る仕事。
買い物も済ませ、家に帰りつくと、まずはコップ一杯の水を飲み干す。やれやれである。
 しばらく休憩をしていたが、軽い仕事を思いついてパソコンの前に座って じぃーっと両手を見る。

 その時、ふっと何時もと違う感覚を覚えた。何かおかしい。何処かおかしい。じぃーっともう一度、手を広げて観ると、
解かった。
 左手の薬指の結婚指輪が無い ・ どこかで抜け落ちたらしい。指輪など装飾品には無頓着で、めったに
飾り付けたことはないが、結婚指輪だけは、主人が逝ってからも律儀に薬指に納まっていた。・・・。
それが無くなっている。 ・・・? ? 。
 よく考えてみる。そうだ指が細くなったんだ。体重35キロになってしまった私の指をもう一度じっくり
眺める。確かに細い。ガリガリである。指輪が訳も無く抜け落ちてしまったのには訳があった。部屋中を探したが、見つからない。外出先だともう見つかる手立てはない。

 同じようなことが認知症になった実母にも起っていた事を思い出した。入院中の母がベットの上でこう言った。
「洋子・・あんた私の結婚指輪盗ったんと違うかい。」呆けてしまった母が自分の子供に対してまで、こんな事を
言うのかと その時は悲しくなったが、今考えてみると 母の指も相当痩せ細っていたから、きっと知らぬ間に、
抜け落ちてしまったに違いない。結婚指輪のなくなった薬指をみて 遠いとおい母の事を思い出した。
その時、情けない母だと思ってしまったことを今更ながら心の底でわびた。

 そして、はじめて結婚指輪を嵌めた時の、愛しいいとしい薬指のことを静かに思い出している。